いくつかの注目馬を挙げ楽しみにする

ゼットランド・ステークスは近年、滞在馬振興の一環として多くの支持を得ており、グループ1の勝ち馬ウィングス・オブ・イーグルス Wings of Eagles (4着)、キューガーデンズ、コロネットがこのレースから浮上してきており、明らかに配当を得ています。ローンイーグルはガリレオの息子で、1歳馬として50万ゴンで購入された。現在の評価は110点で、彼もまた将来が楽しみな存在である。

金曜日のニューマーケットではフィリーズが中心となり、ジョセフ・オブライエン騎乗のプリティ・ゴージャス Pretty Gorgeous が Bet365 Fillies' Mile でシェールに敗れたモイグラーの仇を討ち取った。稍重のレースで、メイヒルの勝ち馬インディゴ・ガールに2分の1馬身差をつけて逃げ切ったプリティ・ゴージャスにとっては大変なレースとなりましたが、ディップではスムーズにレースを進めて、もう少し先に勝つことを約束していたはずでした。今にして思えば、モイグラーでシェールのアドバンテージを崩した時には、かなりのスピードを見せていたので、少し遅れての出走が、彼女の能力をさらに引き出すことになるかもしれません。

繰り返しになりますが、プリティ・ゴージャスはアイルランドで調教されているので、公式のレーティングはアイルランドのハンデキャップ師が決めることになりますが、私はフィリーズマイルでは113と予想しています。ちなみに、シェールとの対戦成績は2戦2勝であるが、個人的な見解としては、プリティゴージャスがデビュタントでライバルを2馬身半差で破った(3着には同じ距離のマザーアースが入っていた)のは、今年のステイニング・フィリーズ部門の中で最も良い成績だと思っている(私は114としている)。カンパネッレも6Fのモーニーの成功で114点前後。この数字は今世紀のチャンピオン2歳牝馬の中で、このような結果になった場合には共同で最低の数字となるでしょう。

インディゴ・ガールとドバイ・ファウンテンは、ドンカスターのメイヒルで1着と2着に終わっており、より厳しいスタミナテストに直面していたが、この2頭はさらにレベルアップしていた。インディゴガールは現在112着(107着から)で、ドバイファウンテンの110着は他の馬よりもペースに近かったことを考えると特筆に値するだろう。ゴドルフィン・ライフタイム・ケア・オー・ソ・シャープ・ステークスの成績は、現在のところトップ・フィリーズには少し物足りないようだが、サフラン・ビーチを非難するものではない。

サンキュー・ユー・ネクスト(Thank You Next)を1馬身半差で抑えての101着は、デビューして2週間も経っていないことを考えれば十分に評価できる。ジェーン・チャップル=ハイアムは、この秋のブリーダーズカップ・ジュベナイル・フィリーズ・ターフのためにキーンランドに行く可能性について言及していたが、そこで3着に入るには少なくとも7ポンド以上の改善が必要になるだろう。

この記事へのコメント