週末に大きな仕事をしそうな馬

ウェルチャイルド チェルトナムゴールドカップ

彼は調子が良く、先週はよく働いてくれた。今週は大きな仕事が待っている。買った時も、パンチスタウンで出走した時も、チェルトナムでルビーとのトラブルがあった時も、まさかここまで来るとは思っていませんでした。彼にはおかしな経歴があるが、ここに来て、ゴールドカップを2回制覇して3回目の出走を目指すことになった。彼を迎えることができたことをとても光栄に思っています。ポールはいつでも彼の騎乗に満足している。今の状態には満足しています。

今のところ否定的なことはないし、挫折もしていない。唯一驚いたのは、トラモアのために彼をストレートに持っていると思っていたのですが、全てを分析してみると、彼は昨年のゴールドカップからこれだけ長い休みがあり、春のキャンペーンのようなものはありませんでした。トラモアに戻ってからの時間が長かったし、彼は前にもう一枚仕事をするべきだったかもしれないが、彼はそれを乗り切ってくれたし、我々はそこから学んだ。

彼は今年のチェルトナムに向けて絶好調だ。彼と一緒に3度目のゴールドカップを制覇することは並外れたことではないだろう。2年前には(ゴールドカップを1勝するという)夢をあきらめていたが、今では『アークル』の瀬戸際にいることが信じられない。調教がしやすいのが彼の魅力です。競馬場で見たときには無骨だが、一人でいるときには目立っている。いつも生け垣の向こうで何が起こっているのかを見ているが、馬の中にいるときはただの「普通のジョー」だ。

アルバウムフォトが帰ってきた時の勝ち方を見る

彼は1年の間、本当に自分のことを宣伝していなかったが、それが我々のやり方だった。それが間違いだとは言い切れないが、彼は地面の関係でレオパードタウンを逃してしまった。彼は明らかにエンジンを持っているし、もし彼が戻って3回走ることができれば、彼らの誰とでも一緒に走れると思う。それができるかどうかが気になるところだ。A Plus TardとChampの両方を真剣に受け止めなければならないと思う。どちらもステイターです。アプラスタードはステイするように作られていますし、チャンプは昨年一日中ステイしていたことを証明しました。この2頭はどちらも前哨戦として素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。"

ライアンエアーチェイス

この3頭(下記メロンとミンを参照)は似たような戦術や走り方をしていて、それが少し裏目に出るかもしれないが、土壇場で変更しない限り、今のところはこれが彼らのナンバーワンコールと言っていいだろう。アラホはギャロップとジャンプの仕方から、3マイルでアウトアンドアウトのステイティングチェイサーになると思っていたが、種牡馬のためにスタミナがないのだろうから、もっと短い距離での巡航速度が速いだけかもしれない。彼はジャンプがとても上手いので、もしかしたら短距離でもこの2頭を合わせることができれば、彼に合うかもしれない。

スカイベット・シュプリーム・ノビスハードル

ステイヤーとして彼を選んだんだが、あの足の回転の良さもいいところだ。彼は僕に借りがあるんだ。土曜日の夜に僕の羊革の手袋を壊してしまったんだ。でも僕らは彼と一緒にここにいるし、彼の2つのパフォーマンスは今のところ好調だから、彼には満足しているよ。クリスマスの時にやったことは凄まじかったし、ダブリンの時と同じように自分の中では良かったのか、それとももっと良いレースだったのか気になるところだ。彼はやるべき時にやるべきことをやってくれたし、誰もが彼が帰路につくのは難しいと思っていたが、バリーダムが彼のところに来た時には、彼は仕事をやり遂げてくれた。

この記事へのコメント