テーマ:競馬

女性騎手が有名なボクシングデーの障害競走で歴史に名を刻む

ブライオニーフロストは、ボクシングデイに20対1の外枠のフロドンに勝利し、権威あるキングジョージ6世チェイスを制した初の女性ジョッキーとなり、競馬界の歴史に名を刻んだ。 25歳のフロストは、ロンドン郊外のケンプトンパークで行われたこのレースで、調教師のポール・ニコルズに12回目の成功をもたらした。 "キングジョージに勝ったんだ!…

続きを読むread more

週末に大きな仕事をしそうな馬

ウェルチャイルド チェルトナムゴールドカップ 彼は調子が良く、先週はよく働いてくれた。今週は大きな仕事が待っている。買った時も、パンチスタウンで出走した時も、チェルトナムでルビーとのトラブルがあった時も、まさかここまで来るとは思っていませんでした。彼にはおかしな経歴があるが、ここに来て、ゴールドカップを2回制覇して3回目の出走を目…

続きを読むread more

羊の皮の手袋を食べられる

大抵の競馬場では、チェルトナム・フェスティバルの人気馬を一頭でも持っていることを喜ぶだろう。しかし、既に72頭のフェスティバル優勝馬を輩出しているウィリー・マリンズは、普通の調教師ではなく、28頭の前哨戦の約半分を担当している。そのうちの9頭がグレード1のレースに出走している。 どちらにしても、来月の大当たりに向けて、彼には素晴ら…

続きを読むread more

いくつかの注目馬を挙げ楽しみにする

ゼットランド・ステークスは近年、滞在馬振興の一環として多くの支持を得ており、グループ1の勝ち馬ウィングス・オブ・イーグルス Wings of Eagles (4着)、キューガーデンズ、コロネットがこのレースから浮上してきており、明らかに配当を得ています。ローンイーグルはガリレオの息子で、1歳馬として50万ゴンで購入された。現在の評価は1…

続きを読むread more

日経新春杯2020競馬予想

日経といえば日本経済新聞というわけでお堅いイメージのあるG2重賞レース。斤量に差がつくハンデキャップレースなので配当は堅くならないようにお願いしたいものですね。このレース実は結構荒れるんで馬券が当たらなかったりします。 そんな私の夢はアフリカンゴールド。アフリカのお金持ちという意味でしょうか。労働者を搾取しているイメージとは違うの…

続きを読むread more

京都金杯2020競馬予想GANMA

京都金杯の芝1600mは波乱を呼ぶことが多い。それは淀の急坂を下ることになるからだ。 そこで折り合いを欠くと末脚を失うため得意・不得手が分かれやすい。インは突きやすいのでペタ乗りできる騎手を重視する。 過去のレースタイムを見ると2秒以上の差が生まれていることもあり馬場のデキ次第でデータ傾向はガラリ一変。 そのあたりは当…

続きを読むread more

ホープフルS2019予想の裏情報

先週の有馬記念ではアーモンドアイの体調不安を的中することができました。これも投資競馬で活躍するエージェントのおかげ。 調教師に信頼されるエージェントにしか分からないことがある。それが証明されることになりましたね。 ホープフルステークス予想オッズ1番人気コントレイルは万全ではないと指摘していました。 もちろん素質の高いデ…

続きを読むread more

有馬記念2019予想を考察する

年の瀬の競馬ほど楽しいものはありません。ビッグレース有馬記念は最高じゃないですか。 2019年はアーモンドアイが参戦してボルテージが上がってきたぁ!馬券圏外へ飛んでいけ~! つい口がすべっちゃうんだ。でも、あまり仕上がりは良くないという話もあるのは事実らしい。 エージェントとツテがある所の話なので信憑性は高い。それでも…

続きを読むread more

高松宮記念2017予想プラン

相次ぐ有力馬の脱落に見舞われた2017年の高松宮記念。ある意味ではどの馬にもチャンスがあるアツい展開と言えるだろう。 どの馬が勝つのか霧のように見えてこないレースではあるが期待しているのはメラグラーナだ。もし、この高松宮記念に救いがあるとすれば上り馬が一気にG1馬になる展開しかない。 ここで前走惨敗したような馬が勝つというの…

続きを読むread more

弥生賞2017予想データ

いよいよクラシックに向けた戦いが始まる!そんな気にさせてくれるのが弥生賞ではないでしょうか。2017年はどういったメンバーになるのか予想できませんがデータ傾向からわかることを挙げていきたいと思います。 弥生賞の過去の勝ち馬を見てみると実績のある馬が勝っていることに気づきました。その中には断然1番人気というわけではない馬もいたことか…

続きを読むread more

中山記念 予想プラン

2017年の中山記念は昨年の再現予想になるのか。とは言ってもドゥラメンテはもういない中でのレースになるんだけどさ。ここにもディープインパクト産駒の有力馬がでてくる。アンビシャスとリアルスティールだ。彼らの強さはG2レースレベルでは抜けている。配当的には安くとも逆らうことはできない。 高配当を狙うならアーリントンカップや阪急杯のほう…

続きを読むread more

フェブラリーステークス2017予想オッズ

フェブラリーステークス2017予想が近づいてきました。早くもダートの頂点を決める戦いが行われることで万馬券がでないかワクワクしています。 予想オッズ1番人気はどの馬でしょうか。順調にきているのはプリサイスエンド産駒カフジテイクなんですけど追い込みに賭けるレースぶりがどう評価されるかでしょう。東京競馬場ではすべて馬券圏内の成績という…

続きを読むread more

きさらぎ賞2017予想

近年のきさらぎ賞は、やたらディープインパクト産駒が走るイメージ。もともと京都競馬場は得意といえ、なんでそんなに得意なのかよ~と言いたくなってしまう。負荷のかからない馬場が得意なのだろうが非力だからという結論でいいんかい?しかし、競馬と言えばいまだイメージが悪い。ギャンブルだけでなく詐欺にも使われるからだろう。そういったやつらを排除できれ…

続きを読むread more

シルクロードステークス データ傾向2017

シルクロードステークスのデータ傾向から好走馬を探ることはデータ分析の初歩になります。これをきっかけにさらなるディープな分析をすることで買うべき馬券が見えてくる。これぞ戦略的競馬である。 中国のシルクロードから取ったレース名。京都競馬場の芝1200mで行われる。ナツという詐欺まがいの手法よりもJRAやJRA-VANにあるデータから冷…

続きを読むread more